JECT ONE

LIFESTYLE PROPOSAL 暮らしの提案

暮らしの中のちょっとしたアイディアや
豆知識を紹介します。

カーテンレールの見えない部屋

物件探しをしている時に一番注目して見ている人は少ないかもしれませんが、物件によって「カーテンボックス」いうカーテンレールの設置部分を見えなくするように覆う箱状のものがついているところがあります。
一見見落としがちですが・・・このカーテンボックスがあることで「省エネ効果」と「遮光性向上」が期待できるのです。またカーテンレールを覆うことでカーテンの上部や横からの光漏れを防ぐ事もできます。

カーテンボックスがない部屋

カーテンレールが見えないことで、お部屋全体の印象も変わってきます。
よく見るお部屋のスタイルです。カーテンレールが見えています。

カーテンボックスがある部屋

カーテンボックスがあることによって、カーテンレールが見えないので全体的にシャープな印象にまとまります。窓際は家の中でも熱の出入りが激しく温度調整に大きく関わってくるところなのでカーテンボックスを付けることによって外気の流入を防ぐ事ができ冷暖房効率が上がります。

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。