TOP MESSAGE

SCROLL

ジェクトワンがつくるのは、ただの「建物」ではありません。 その土地に本当に必要な「場所」、 ずっと暮らし続けたくなる「住まい」をつくりたい。
そして、建物だけではなく、不動産を起点とした新しいサービスでわくわくする『モノ』を届け、地域の未来をお客様と一緒につくっていきたい-
それが、企業理念に込めた私たちの想いです。

代表取締役 大河 幹男

ソリューション事業では、従来の不動産デベロッパーにありがちな「建物ありき」 の発想で開発を進めるのではなく、「地域や場所ありき」で人に寄り添い街にマッチする建物を考えてつくる。リノベーション事業では、上質な素材とシンプルなデザインで「住む人が主役になる空間」 をつくる。地域コミュニティ事業では、空き家を売買・管理するだけではなく、空き家の魅力をリノベーションによって最大限引き出したうえで活用し、街全体が活気づくような「拠点」をつくる。

不動産開発というハード面だけでなく、サービス・コミュニケーションというソフト面も充実させることで、街や人々の生活を豊かにしていく「価値ある場」に育てております。

施設 イメージ

施設 イメージ

施設 イメージ

施設 イメージ

私たちは2009年、渋谷の小さなビルの一角で創業し、世の中に真に望まれる不動産事業を継続してきました。 一般的な不動産会社というのは、ファミリーマンション、ワンルームマンション、アパート、オフィス、ホテルなど単一のカテゴリーに特化するのが通常のスタイルですが、当社が扱う物件は住居の他に宿泊施設、商業施設、店舗、老人ホームなど多岐に渡ります。

このマルチカテゴリーは創業当初からの「地域や場所ありき」で建物を考える企業方針により生まれた当社の強みでもあります。

社内 イメージ

メッセージ イメージ

当社特有のマルチカテゴリ―の強みを生かし、2016年に空き家活用サービス「アキサポ」を開始。近年問題となっている「空き家」について事業活動の輪を広げております。

空き家というのは案件ごとに特性や課題が異なります。 周辺地域を回って綿密なヒアリングを行いながら、その土地・建物に最適なコンバージョンを企画、提案する。

住宅、オフィス、店舗、倉庫などの開発スキームを持つ当社ならではの企画力で年々反響が増加し、行政や企業・大学との協業も積極的に取り組んでおります。



地域や人々に支えられ、お蔭様で創業13年目を迎えることができました。
これからの歩みも未知なるものですが、常に『新しさ』と『難しさ』に挑戦することを楽しみ、
皆さまの笑顔を増やすことができるよう社員共々精進してまいります。

代表取締役
大河 幹男

COMPANY PROFILE